HOME > 成績UPの鉄則 > やる気を伸ばす鉄則 > 世にいう 『学習法』 とは?

成績UPの鉄則

< 『ご褒美』は本当に成績を伸ばすのか。  |  一覧へ戻る  |  夏講習 今からでも 受講OK! >

世にいう 『学習法』 とは?

『学習法』

響きが良いんですよね。
なぜなら 「スゴく子どもが変わる気がするから」 です。
宣伝にも使いやすいですし、
私自身もときどき使ってしまいます。

「今から楽して伸びる、偏差値20UPの学習法!」
うわぁ!知りたい!なんてなっちゃうんですよね。

でもちょっと似たような表現に変えてみましょう。
「楽して稼ぐ、月々20万円UPの稼ぎ方」
「楽して簡単、体重が10㎏落ちるダイエット法」

うん、途端に嘘くさくなりますね。
「そんな簡単に痩せないでしょ」
「そんな簡単にお金を稼げるなんて!」

そうですよねぇ。
でも塾はまかり通るのです。

なぜか。
それは消費の対象が本人ではなく 「子どもだから」 です。

自分のことはがまんして子どもに費やす。
親心ですよね。
私もここ数年、ようやく身に沁みて分かるようになりました。

ついつい子どもに期待をしてしまいます。

でもやっぱり一番は何かっていうと、
どんな稼ぎ方も、どんなダイエットも、どんな勉強も、
「おっしゃ!やるぞ!!」
って思わないと、
絶対にうまく行きません。
「何があろうと、目標達成してやる!!」
って思わないと、どんな方法を使っても無理です。

そんでその気持ちさえあれば、ある程度練られた学習法であれば何でも成功しちゃうんです。
だから、私が大事にしている学習法もありますけど、
それ以前にまずは子どもたちの気持ちを変えないといけないんですよ。

フワフワした気持ちのまま勉強しても絶対にプラスにはなりませんからね。

「なんて声をかけたら、子どもたちはやる気を出すんだろう…」
1人ひとり、本当に違いますしタイミングもあります。
ですので、常にそれを考え続けることが大事だと思っています。

そんで一個だけ注意してください!
世に出回っている勉強法、間違っているものは少ないと思いますが、
「初心者向け」 と 「上級者向け」 があります。
お子様やご家庭に合わせた勉強法が大事だと思いますので、
「本で読んだから」 「TVで観たから」 はちょっと危険な(子どもに合わない)場合があります。

そしてそして、本当に成績が良い方々が口をそろえて言う言葉は、
「自分に合った勉強法を自分で見つけるべし」
ですから。

ご家庭ごとに生活リズムも習慣も違います。
結局は自分に帰着して、自分で自分のことを見つめていくしかないんですね。
私は高校生になるころには、自分の勉強法を徐々に見つけだして、
高校2年生くらいで確立すべきだと思います。
そうすると大学受験は結構うまくいっています。

結構、ナンバースクールとかに行っていても、
自分の勉強法を見つけられないと、というか「つくり上げる」という感覚がないと、
本当に本当に大変な思いをする子が多いので、
是非とも 「習う、教わる」 から一歩飛び出した学習のレベルまで皆さんが伸びていけますよう、
私自身も日々、研究を続けてまいります。

カテゴリ:

< 『ご褒美』は本当に成績を伸ばすのか。  |  一覧へ戻る  |  夏講習 今からでも 受講OK! >

同じカテゴリの記事

新人戦の前日にどんな行動をとるか。

新人戦の前日にどんな行動をとるか。の続きを読む

解説を聞いただけでは、点数は伸びない。

解説を聞いただけでは、点数は伸びない。の続きを読む

『ご褒美』は本当に成績を伸ばすのか。

『ご褒美』は本当に成績を伸ばすのか。の続きを読む

成績がイイ子は絶対にしない発言。

成績がイイ子は絶対にしない発言。の続きを読む

子どもを読書好きにする方法

今回の内容は、「本気で子どもを読書好きにさせたい!」って方のみがご覧になって下さい。
中途半端な気持ちで読んで頂くと…たぶん私が叱られます(笑)

読書が成績に直結するかどうかはさておき、
読書好きな子で勉強が苦手な子って正直少ない、というか見たことない。

子どもを読書好きにする方法の続きを読む

このページのトップへ