HOME > 成績UPの鉄則 > アーカイブ > 2024年7月

成績UPの鉄則 2024年7月

富沢教室 スタートしました

こんにちは!塾長の小関です。

7月より富沢教室がスタートしました!

教室長を務めてくださるのは、私の10年以上の友人であり塾業界の先輩でもある髙橋健史先生です。
初めて会ったのはどこかの私立高校の説明会だったでしょうかね。

第一印象は「めっちゃ明るい人だなー!」でした!
現在印象もほぼ変わってないですが(笑)

教育理念、生徒たちに対する思いがお互いにとても共感していて、
「一緒にやりましょう」とお声がけしたところ「実は同じことを考えてた!」という流れでした。
※アナ雪のようにはなりません。

髙橋健史先生は本当に『教育』に関する知見が深く、
実は今までも何度も何度もいろんな相談に乗ってもらっていました。

ちなみに、新規開校と言ってももともと髙橋健史先生は富沢で塾を開いていて、
従来の生徒さんたちにはご理解いただいた上での協業となっております。

お互いに指導面で工夫してきたことなどを共有し合い、
より高いサービスが提供できるようになりました。

学校の授業が難しくなったり、大学入試の問題が難しくなったり、
いろんな変化が起きている世の中ですが、
頼もしいチームメイトが増え、より皆様に安心していただける塾へと日々精進してまいります。


唯一!!
唯一の問題点が、たった5人しかいないのに髙橋先生が2人になってしまい、
フルネームで毎回書かなければならなくなったこと。うーん。
お二人にニックネームを考えておきます(笑)


勉強って、どうしてしないといけないの?

皆さんこんにちは、小関です。

今日は、勉強をする意味についてお話ししたいと思います。
 

まず、勉強が進路や将来の仕事に繋がるというのは、多くの方が理解していることでしょう。
学んだ知識やスキルは、将来的に自分が選ぶ職業やキャリアに大いに役立ちます。
例えば、数学を勉強することで論理的思考力が養われ、それがエンジニアや研究職などの職業に生かされます。
英語を学ぶことで、国際的なビジネスの場で活躍できる可能性が広がります。
このように、勉強は未来への投資であり、自分の可能性を広げる手段なのです。

 

しかし、勉強の意味はそれだけではありません。
勉強は、自分の人生を豊かにするためのツールでもあります。
例えば、歴史を学ぶことを考えてみてください。
第二次世界大戦のことを知らないまま、第二次世界大戦についての映画を見るのと、
歴史の背景を知ったうえで映画を見るのとでは、映画の楽しみ方が大きく異なります。

歴史の知識があることで、映画の細部や登場人物の動機がより深く理解でき、映画を一層楽しむことができます。

同じ時間を過ごすにしても、知識を持っている人とそうでない人では、その時間の充実度が大きく変わります。

知識が豊富な人は、その分だけ人生のあらゆる瞬間を楽しむことができるのです。

これは、映画や本、旅行、人との会話など、さまざまな場面で当てはまります。
知識が豊かであることは、自分の世界を広げ、人生をより充実したものにするのです。

 

最後に、勉強をする目的や意味がたくさんあることの重要性について触れたいと思います。
勉強の目的が一つだけだと、その目的が達成できなかった場合にモチベーションが下がってしまいます。
しかし、勉強の意味や目的がたくさんあると、それぞれの目的が相互に補完し合い、勉強に対する遣り甲斐を感じやすくなります。
例えば、テストの点数を上げるためだけでなく、新しい知識を得る楽しさや、未来への準備としての意義など、多角的に勉強を捉えることで、より意欲的に学び続けることができるでしょう。
 

勉強は、一見すると単調で面白くないものに感じられるかもしれません。
しかし、その本当の価値を理解し、様々な目的や意味を見出すことで、勉強は自分の人生を豊かにし、より充実したものにしてくれるはずです。
皆さんも、自分なりの勉強の意味や目的を見つけて、楽しく学び続けて欲しいと思いますし、
そう感じていただけるよう、毎回の授業を私たちも臨んでいきます!


1

« 2024年6月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ