HOME > 成績UPの鉄則 > 成績を伸ばす鉄則 > 【!必見!】 模試の後...その③

成績UPの鉄則

< 加茂中の体育祭に行ってきました!  |  一覧へ戻る

【!必見!】 模試の後...その③

【!必見!】模試の後…その②
を書いてから、1ヶ月近くが経とうとしていて焦りを感じました(笑)
「明日続きを書きます!」と豪語しておきながら、小関の「明日」はどうやら1ヶ月のようです…
大人になると時間の流れが早くなるなぁ…光陰矢の如し。

さて、模試の後 その②の続き。

模試の見直しが大事って話をしましたが、
結構皆さんの陥りがちなミスとして多いのが、
「間違えた問題にばかり目を向ける」です。

確かに大事ですよ、間違いの見直し。
そしてこんなセリフ言っていませんか?
「テストの後、よく考えたら解けた!
 あぁ悔しい!ホントは+10点だったよ!」


特に数学・英語・理科に共通する話なのですが、
テスト後に「よく考えたら解けた」というのは、
「考える時間があれば解けた」ってことですよね?
でも実際は解けなかった。
なぜか。
じっくり考えるだけの時間を作り出す戦略が無かったから
なんですよね?

「そんなの分かってますよ。考える時間を増やしたいですよ。
 でも時間が足りないんです!」
そうでしょう。そうでしょう。

だから模試の見直しは「解けた問題から始める」のが鉄則なのです。

解けた問題は本当に最短距離だったのか?
無駄な時間は作らなかったか?
無駄な式は書いていないか?
わざわざ計算式を消しゴムで消すなんて、時間の無駄を作っていないか?

偏差値70を超える子たちは、実はこれを無意識にやっている子が多いです。
当たり前のように取り組んでいるんですよね、普段から。
逆にめちゃめちゃ努力して偏差値57~62くらいの子って、この作業を見逃しています。

いいですか?偏差値70を取るための鉄則としては、
「難問を解けるようになること」ではありません。
「落としてはならない問題を、絶対に落とさないこと」なんですよ。


「こんなの解けるからやらなくても大丈夫」なんて言っていいのは、
問題の見直し方が非常に上手になった偏差値70越えの子のみです。

テストや模試の見直しを丁寧にやらない子に、
「ホントは取れた+10点」は永遠に来ません。

「あぁ、また逃した…あぁ、まただ…あぁ、ホントは+10点なのに…」と受験まで言い続けます。
受験まで残り4ヶ月!
変わるにはまだまだ十分な時間ですぜ!?
変身したかったら、まずは昨日解いた1問を見直してみましょう!


ところで、高校の模試になると、数学の選択問題が出てきますよね?
それ、全部解いてますか?

高校の模試は河合塾や駿台などが、全力を挙げて練りに練った問題ですから、
良く作られているものが非常に多い。
それを全部解かないなんてもったいないですよ!!
1,2年生は「まだ習ってないよ~」っていうのもあると思いますから、
そこは無理せず、習ってから取り組んで下さい。

是非やってみてくださいね~!


そうそう!中3の生徒が実力テストで学年1位をGETしました!
やったぜ!素晴らしい!
もちろん、他の生徒たちも一生懸命頑張っている子が多いです!
それにしても1位はやっぱり気持ちがいいもんですよね~!
ご褒美に最近ボクがハマっている『濃厚チーズ気分』をあげよう!

カテゴリ:

< 加茂中の体育祭に行ってきました!  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

【!必見!】 模試の後...その②

【!必見!】 模試の後...その②の続きを読む

模試の後...

模試の後...の続きを読む

新人戦の前日にどんな行動をとるか。

新人戦の前日にどんな行動をとるか。の続きを読む

解説を聞いただけでは、点数は伸びない。

解説を聞いただけでは、点数は伸びない。の続きを読む

「分かりやすい解説」は何歳までに卒業すべきか

「分かりやすい解説」は何歳までに卒業すべきかの続きを読む

このページのトップへ