HOME > 成績UPの鉄則 > 子どもと向き合う > 結果を見るか、過程を見るか。

成績UPの鉄則

< 頑張ってるのに、成績が伸び悩む理由 7つ  |  一覧へ戻る  |  【期末テスト】私もびっくりでした...凄い...。 >

結果を見るか、過程を見るか。

先日、サッカーのアジア杯の決勝が行われましたね!
日本は決勝まで進んだものの、惜しくもカタールに負けてしまい準優勝でした。

なんていうサッカーの話題から入ったものの、
実は私、サッカーはあまり興味がありません。
見るのは嫌いじゃない、というか、何となく盛り上がるのは好きなので、
サッカーに詳しい友だちなどと一緒に観戦して、いろいろ解説してもらいながら、
選手の特徴やプレーの良し悪しを教えてもらいながら見るのは結構好きです。

とは言え、ワールドカップのときは結構注目してみていましたが、
今回のアジア杯はほとんどニュースでしか見ていませんでした。

決勝のカタール戦も例にもれず、ニュースでのみ結果を知りました。

翌日塾に来たとき、小川先生が「昨日のカタール戦、見ました!?」と聞いてきたので、
「まぁ、結果くらいは」みたいな返事をしたんです。
すると小川先生はこう言いました。
「いやー、日本のサッカー凄かったですね!
 後半しか見られなかったですけど、凄い成長してますね~!!」

小川先生は小・中とサッカーをやっていて、今もサッカー大好き。
ワールドカップのときは、いろいろと解説をしてもらいました。

「どの辺が成長してるの?」と訊ねると、
「パスの出し方が全然、昔の日本のサッカーと違いますよ~!
 あんなプレーでチャンスを作れるようになったなんて、凄い成長だと思います!!」
という感じで、いろいろと説明してくれました。

それまで僕は「なぁんだ、日本、カタールに負けちゃったんだ。大した事ないんかな?」
くらいのイメージでした。正直。ホント、失礼ながら。
でも小川先生の解説を聞いて、
「確かに僕が中学校くらいのときに見ていたサッカーと、今のサッカーって違うなぁ…」
って気付かされました。

この話で感じたことは、
「結果だけ見たところで『成長』なんて分からんな」ってことです。

よく「結果がすべて」とか「結果が悪かったら意味がない」なんて言葉を使うことがありますが、
今回の僕のサッカーと一緒ですよ。

結果しか見ないのは、興味がないだけです。
過程や結果を評価するだけの知識がないだけです。

簡単ですよね、結果だけ見るなんて。5秒で済みますから。

一方、『成長の過程を見る』ってことは、ずーーーっと注目し続けないといけないし、
ずっと注目するって難しく、根気のいることですからね。

本当の本当に過程をしっかりと見続けた上ならば「結果がすべて」なんて言葉は出てきませんし、
もしもその上で「結果がすべて」という評価を下したとしたら、その言葉の重みは違います。
きっとプレイヤーにも気持ちが伝わると思います。

よく試合で負けてしまったスポーツ選手などが試合の後のインタビューで言いますよね。
「でもまぁ、結果がすべてなので…」

もちろん、選手たちは厳しいプロの世界にいますから、その言葉が出てきて当然です。
でも、恐らくその近くでずーっとサポートしてきた人たちは、そうは思わないでしょう。

さて、この話は当然子どもたちにも通じます。
何度も訴えていますが、子どもたちの成長を本当に願うなら、成長を見逃さないことです。
そのためには、常に子どもたちに注目していないと分からない。
子どもたちの成長に気付かない、なんていうのはサポーター失格ですからね!

一気に子どもたちは100点が取れる訳じゃない。
一回もミスせずに階段をのぼるように成長するわけじゃない。
どんなに成長する企業だって、波があり、それを乗り越えながら大きくなります。
どんなスゴイ選手だって、波やスランプを乗り越えてスゴイプレーができるようになります。
結果ばかり見られていた選手が大成するワケないんです。
失敗しない人なんてこの世にいないんですから。

子どもの評価ってムズカシイですけど、根気が要りますけど、
それが子どもたちの成長には、とても大切だと改めて思いました。


カテゴリ:

< 頑張ってるのに、成績が伸び悩む理由 7つ  |  一覧へ戻る  |  【期末テスト】私もびっくりでした...凄い...。 >

同じカテゴリの記事

小学校・中学校の勉強はこれを気を付けないと!!

小学校・中学校の勉強はこれを気を付けないと!!の続きを読む

間違いを恐れる子は、伸びない。

間違いを恐れる子は、伸びない。の続きを読む

やっぱり二高は面白い!

やっぱり二高は面白い!の続きを読む

小学校の『学級崩壊』を見逃すな!

小学校の『学級崩壊』を見逃すな!の続きを読む

人間万事塞翁が馬

人間万事塞翁が馬の続きを読む

このページのトップへ