HOME > 成績UPの鉄則 > 成績を伸ばす鉄則 > 何度言っても分からない!?

成績UPの鉄則

< テスト結果のご報告  |  一覧へ戻る  |  高校で失敗させない >

何度言っても分からない!?

「もっと丁寧に字を書きなさい」
「もっと途中式を正確に書きなさい」
「ばか丁寧に解きすぎじゃない?もっと速く問題を解きなさい」

子どもたちは何度もこんなセリフを言われてるかもしれませんね。
お子様の勉強を見て、こういうことを感じた保護者の方は、
「どうしてすぐに直さないんでしょう。
 絶対に直した方が、計算ミスも減るのに…
 素直じゃないのかしら。反抗期?」

なんて思ってしまうかもしれませんね。

確かに、計算ミスが多い子って、途中式がいい加減だったり、字が雑だったり、
ミスが多い子に限って解くのが丁寧過ぎて遅かったり…

大人の目線から見ると、
「あぁ、もう!じれったい!」なんて感じることも多いかもしれません。

「どうして、言われたことを直さないんでしょう。
 絶対に直した方が、成績上がるのに!」

その通り。直した方が絶対に成績って上がるのです。

ただ1つ、私たちが意識しなければならないことがあるのです。
それは…子どもたちは変化を嫌うということです。

子どもたちが今、勉強に取り組んでいるその状態は、いわばフォームです。

いいですか。
『子どもたちの勉強の解き方を変える』ということは、
言うは易し、行うは難しです。

野球やサッカーのフォーム矯正と同じくらい、時間がかかります。

「もっとこういうフォームで投げれば、速い球が投げられるぞ」
「もっとこんなフォームで打てば、変化球にも対応できるからね」
「こういうフォームに変えれば、キーパーに蹴る方向を悟られずにボールを打てるから」

もちろん、その通りなんだと思います。
じゃあ、それがちょっとやそっと言ったくらいでは、子どものフォームは良くなるでしょうか。
ならないですよね!絶対に。

もしかしたら天賦の才があって、
ちょっとした練習で出来るようになる子も、中にはいるのかもしれませんが、
少なくとも僕はそうなれる気がしない。
(むしろ天賦の才がある人こそ、本当の意味で苦労していると思う)

フォームの矯正には、相当量の練習が必要だし、
コーチは常に隣でフォームの崩れが無いか見てないといけない。

勉強も一緒なんです。
勉強は「コツさえつかめば簡単」と言えるのは、残念ながら途中まで。
本当にそんなに簡単なら、誰も受験で泣きません。

「これさえやれば、志望校合格!」なんていう問題集は、
「飲むだけでみるみる痩せるサプリメント」と同じくらい眉唾ものです。

いつもと同じ結論に辿り着きます。
子どもたちを変える方法は1つ、伴走なのです。

1人で走ってクリアできるハードルなんて、たかが知れています。
本当の意味で子どもたちをレベルアップさせたいなら、
本当の意味で子どもたちの成長を願うなら、
自分自身が子どもの最大のサポーターになる、という覚悟が大事です。




カテゴリ:

< テスト結果のご報告  |  一覧へ戻る  |  高校で失敗させない >

同じカテゴリの記事

人間万事塞翁が馬

人間万事塞翁が馬の続きを読む

成績が伸びる子は〇〇が上手!

成績が伸びる子は〇〇が上手!の続きを読む

テスト結果のご報告

テスト結果のご報告の続きを読む

成績UPにやっぱり必要なもの。

成績UPにやっぱり必要なもの。の続きを読む

結局はコレですよ。子どもが『勉強好き』になるのは。


結局はコレですよ。子どもが『勉強好き』になるのは。の続きを読む

このページのトップへ