HOME > 成績UPの鉄則 > やる気を伸ばす鉄則 > 現状に満足!だから頑張らない!!

成績UPの鉄則

< マラソン大会に出場!!  |  一覧へ戻る  |  勉強の『壁』を乗り越える。 >

現状に満足!だから頑張らない!!

子どもが勉強をしなくなる理由。

いくつかあると思いますが、

今の現状に満足している。だからこれ以上、
頑張る必要はない!


と思っているパターンについて、考えてみました。



模試やテストで、ある程度の成績をキープし続けることができて、
なおかつ、志望校のレベルも超えているとき、
誰でも一緒ですが、努力量は減ります。

そりゃそうですね。
だって、このまま行っても受かりそうですし、
別に無理してもう一個上のレベルを目指そうとは思わない。

それに対して、保護者の方も同じ意見なのであれば、
何一つ問題はない訳です。
成績が下がらないように、最低限の努力さえできれば、目標は達成。
本人も、親も大満足。


問題なのは、本人は満足してるのに、保護者が満足していないパターン。
まぁこれですよね。
あるあるです。

なぜ、保護者が満足していないかというと、
「この子はもっと頑張れば、上を目指せるじゃないか!」という意見。
そして本人がなぜ上を目指さないかというと、
「頑張って上を目指して、なんのメリットがあるの?
 これ以上、頑張らなくてもいいじゃない!」という意見。

さぁ、この2つがぶつかり合うわけです…が!!
まずはきちんとぶつかり合うことが大事ですよね?

「もっと頑張れ!そうすれば良い高校に行けるぞ!」
「なんでそこまでして、上の高校目指さなきゃいけないのさ!!」

こういうバトルがないと、話し合いにはなりません。
これを、一方的に「いいか、〇〇。お前がもう少し頑張れば…」と
親側の考えしか伝えなければ、
私のような子どもであれば、
「はいはい、始まった始まった…あと10分くらい黙ってれば終わるかな?」
なんて思っておしまいです(笑)


ともかく、向上心が欠けてしまっているのがちょっと心配ですね。
だって、向上心がないってことは、成長がストップしてしまっている訳ですから。

このパターンになってしまっているのはなぜか。
なぜ子どもが現状に満足しているのか。
それは、過程ではなく、結果にしか誰も注目してくれないからです。
周りが結果にしか注目しないから、
本人も結果にしか注目しない。

結果として、〇〇高校合格、というのが見えていれば、
「ベストを尽くそう」だなんて発想は出ないわけですね。

逆の立場に立ってみてください。
自分が、親や周りの先生から、結果しか見られないなんて。
そんな子どもにとって悲しいことはないですよ。

「結果じゃないんだ!
お前が頑張っている姿を応援したいんだ!」


そして、それを言うだけじゃだめですよ。
何度も言いますが。
言うだけで変わる子なんていません。
一緒に頑張るから、子どもも一緒に頑張るんです!



ところで、親の言い分に素直に従いすぎるのも、
実は後々大変だったりします。
私とは違う、(親にとっての)イイ子の場合、
「親の期待に応えなきゃ!!」という気持ちが強すぎると、

「親がこう言っているから」
「親がやれって言ったから」

親の責任にばかりしてしまいます。
そうすると、いざ失敗したときには超大変!

「俺が選んだ道じゃないんだから!」


そういって、簡単に責任を放棄してしまいます。
だからこそ、「自分で決める」ってことが大事。
もちろん、アドバイスは大事ですよ?
子どもたちは常に情報不足ですから。

〇〇高校に行けば、こういうメリットがあるぞ!
〇〇大学に行って、こういう道はどうだ!

そういう、親の気持ち、思いを伝えることは◎だと思います。
ただ、それが押し付けになってしまったり、
拒否権ゼロの状態になってしまってはいけません。

最後は自分で決めさせる!
これが一番大事なことだと思います。

カテゴリ:

< マラソン大会に出場!!  |  一覧へ戻る  |  勉強の『壁』を乗り越える。 >

同じカテゴリの記事

新人戦の前日にどんな行動をとるか。

新人戦の前日にどんな行動をとるか。の続きを読む

解説を聞いただけでは、点数は伸びない。

解説を聞いただけでは、点数は伸びない。の続きを読む

世にいう 『学習法』 とは?

世にいう 『学習法』 とは?の続きを読む

『ご褒美』は本当に成績を伸ばすのか。

『ご褒美』は本当に成績を伸ばすのか。の続きを読む

成績がイイ子は絶対にしない発言。

成績がイイ子は絶対にしない発言。の続きを読む

このページのトップへ